BUYMASTER LinkWay,出版株式会社

【99%の人が当てはまる】あなたがアフィリエイトで稼げないのは“これ”がないから

マーケティングでは、
“トリガー”と呼ばれる言葉があります。

トリガーとは、もとは、拳銃の引き金の意味で、
マーケティングにおいては、それを目にした人が
続きを読んだり、登録したり、購入したり、
そういった行動に移すためのきっかけになるものです。

アフィリエイトでも稼いでいくためには、
この“トリガー”は必須のものとなります。

ですから、本日の記事でこのトリガーについて、
きちんと理解して、成約に繋げていってくださいね!

実は、アフィリエイトを行っている人のほとんどが、
メルマガやブログの読者に、ご紹介している商品を
「良いものだ」と思わせることができています。

しかし、「良いものだ」を卒業できず、
「ほしい!」「買いたい!」と思わせることができていないのは、
ほとんどがこのトリガーがないことが理由です。

アクセスはそこそこあるのになぜか売れない・・・

こんな人はまさにその典型でしょう。

アクセスがあるということは、
記事自体はおもしろいと思ってもらっているし、
頻繁に読んでもらえているということです。

そこまでは持ってこれているんです。

それにもかかわらず、売れないということは、
販売ページにアクセスする、購入ボタンを押すといった
実際の行動に移させるというところまでは、
持っていけていないということです。

つまり、トリガーがないということです。

ただ、逆にいえば、
アクセスは集まっているので、
一度トリガーができれば、爆発的に売れだす
という可能性があります。

ですから、トリガーの使い方を知らないということは、
非常にもったいないことともいえるのです。

トリガーの鍵は、
ずばり、タイトルです。

あなたもはじめて目にするサイトやメールでも、
思わずタイトルが気になったから
開いてしまったなんて経験はないでしょうか?

実はこれこそが、トリガーの正体です。

直感的に「気になる」「おもしろそう」「見ておかないと」
と思わせるもの、それがトリガーです。

ですから、ブログやメルマガのタイトルをつけるときは、
一番気をつけるようにしてください。

そして、このトリガーは本文中にも応用できます!

小見出しや話題を変えるとき、
そして、追伸などでもトリガーを意識したサブキャッチをつけることで、
続きが読まれる可能性は高くなります。

記事を読んでいけば自然と読者のテンションは上がってくるので、
ここは非常に大切なところです。

そして、最後にアフィリエイトリンクを
クリックしてもらうための仕掛けにも、
もちろん、トリガーを意識した一言を付け加えてください。

大事なのは「考えた上で行動してもらう」ことではなく、
「思わず行動してしまう」ということです。

ですから、あなたがつけたそのタイトルが、
本当に「思わず行動してしまう」タイトルなのか、
投稿する前にもう一度チェックしてみてください。

前のページに戻る


- PAGE TOP -